大家好!花岡真寿美です。

今日は、9月3日より開講予定の『幸せになる~論語講座』について

ご案内させてください。

皆さん、論語と言えば2500年前に孔子という儒教の祖と

弟子との問答集だということは何となくご存知かと思います。

そして、有名ないくつかの言葉はきっとどこかで

聞き覚えがあったり、座右の銘にされている方もいらっしゃるかもしれませんね。

學而時習之,不亦說乎。

訳:学んだ内容を常に復習する、これもまた幸せなことではないか。

有朋自遠方來,不亦樂乎?

  訳:志と信念を同じくする友人が遠いところから来てくれる、これもまた楽しいことではないか。

日本にもたくさんの論語の影響が見られます。

例えば、本屋さんの三省堂はこの言葉から来ています。

吾日三省吾身

訳:私は毎日何度も繰り返し自分自身を反省する。

さて、この講座は単に論語の中の言葉を学ぶだけでなく

たとえば、「學」や「習」という漢字自体が元々どんな意味を

持っているかも教えてくださいます。

それが目から鱗!!

例えば、一つシェアしますと…

「習」という字は、「白」の上に「羽」がありますね?

これは、学ぶときは心を「真っ白にして」

つまり先入観を無くして、学べば、

あなたの背中に「羽」が生えてより

高いレベルに飛んでいけるという意味だそうです

なんとも素敵ではありませんか!?

こんな解説を聞いたら、絶対忘れられませんよね??

夏フェスでは、この講座を担当された張武静老師の

原文の朗読を聞き、参加者の皆さんは文字を紙に書いて

そして、声を出して読む、というレッスンでした。

オンラインながら、皆さんとても充実した時間を

体験されました。

これから、月二回、この調子で学んでいけば

一年経ったらどんなに学びが深まっているかと

想像するだけでワクワクしますね!!

この講座は中国語のレベルを問いません。

学習歴のない方も歓迎です!!

幸せになる「論語」講座 担当:張武静

ふと疲れたとき、ゆったりとした気持ちでこの講座を聞いてください。

2021年9月3日(金)スタート   

      (第1・第3金曜21時~22時)  

受講料:1回7500円/3カ月45,000円(別途テキスト代)月2回 

※単発参加も可能 

使用テキスト:『日本人の論語 中国人の論語』張武静著  

    お申し込みは、問い合わせフォームからよろしお願い致します。


masumi.h

合同会社日中共同クリエイションズ代表。日本中国語教育者育成協会代表責任者。