弊社では、今年から中国語検定の当日に3級の解答速報会を行っています。
そこではいち早く、長文の日本語訳をお伝えしています。

今後こちらでも、アップしていきますね。

  我喜欢一个人旅游,高中一年级的暑假,我一个人坐火车去了广州。
因为是第一次坐火车, 很紧张。我带的东西很少,只有几件衣服,一些吃的 ,
还有一本书。出发前,父母再三对我说:“一定不要和不认识的人说话,一定不要吃别人给的东西。”
可是,我很快就发现,在火车上不可能不和别人说话。
大家面对面地坐下以后,就开始自我介绍。有人说:“我是从东北来的,你是哪里人哪? ”
还有人说 :“我是南京人,要去广州看儿子”等等。
不一会儿,大家就都像朋友一样说起话来。他们有说不完的话,十分热闹。
刚开始我只是听,后来我忘记了父母的话,和他们一起说话,一起吃东西,和他们成了朋友。
从那以后,我常常一个人坐火车去旅游,每次都很愉快。


わたしは一人旅が好きだ。高校1年の夏休みに、わたしは一人で広州旅行に行った。
初めての列車旅行で、わたしはひどく緊張していた。荷物は少なかった。
服が何枚かと食べるもの少し、あとは本が一冊だけだった。出発に際し、両親からは
「知らない人と口をきいてはいけない、人からもらったものを食べてはいけない」と
何度も繰り返し言われた。
 けれど私はすぐに、列車内で知らない人と口をきかないではいられないと気づいた。
乗客はみな向かい合って座るなり自己紹介を始める。「わたしは東北から。あなた出身は?」
「わたしは南京出身なんだけど、広州まで息子に会いに行くところなの」
しばらくすると、みな友人と話しているように会話を始めた。
みなそれぞれに、いくら話しても話した足りないぐらいの話があるといった具合で、
それはそれはにぎやかな車内だった。始めはただ聞くばかりだったわたしも、
しまいには両親の言葉などすっかり忘れてほかの乗客たちとおしゃべりを始め、
一緒に食事をし、みんなと友達になった。
それ以来、わたしはしばしば一人で列車旅行に出かけたが、いつも楽しい思い出が残った。

masumi.h

合同会社日中共同クリエイションズ代表。日本中国語教育者育成協会代表責任者。