【易経の学びメモ〜23】
「自分の意志で動いている人は美しい」

学びでも仕事でも、やらされてやるのと 自ら求めてやるのでは、雲泥の差があると感じています。

たとえ求められた仕事でも、提案された学びでも
「自分自身でやると決めて」やっているとどんなに大変でも、ストレスはありませんし、
文句を言うこともありません。

さて、今朝は、「蒙卦」を学びました。
卦辞:蒙:亨。匪我求童蒙,童蒙求我。

この卦辞にも、先生が生徒を探すのではなく、生徒が先生を探す、とあります。
学ぶ側からの「求学」という情熱がないと、先生がどんなに熱心に教えても 理想的な効果が得られません。

また教える側も、常に「教えすぎないこと」を肝に銘じないといけません。
親切心でつい沢山教えたくなってしまうのですが、
常に「学ぶ側が今、吸収できる程度」を察することが大切です。

教えられすぎると、消化不良を起こすのは、ご馳走を食べる時と同じですね(#^^#)


masumi.h

合同会社日中共同クリエイションズ代表。日本中国語教育者育成協会代表責任者。