Himalaラジオで放送しています。こちらのリンクからお聞きくださいね。



第87回 より中国語らしい発音のために~プロソディーのお話

中国語らしい発音を身に付けるためのトレーニング方法

1、文章全体の意味を理解して、伝えたいポイントを把握する。

2、拼音を見ながら、発音を確認する。一や不の変調や苦手な発音もチェックしておきます。
いつも間違えてしまう声調や発音がある場合は赤で印をつける。

3、お手本の音源があるなら、ゆっくりスピードの音声で、テキストを見ながら丁寧に繰り返し聞き、ポーズを置くところ、強弱、早く言うところ、長短などをチェックする。ポーズを取る場所にスラッシュを入れる。

4、お手本の音声を完全に真似できるようになるまで、ゆっくりで良いので声を出して何度も練習する。

5、ナチュラルのスピードの音声で練習します。

6、ナチュラルスピードで真似できるようになったら、自分の声を録音して聞いてみる。

最後に、何よりも大切なのはテクニックよりも「伝えたいあなたの気持ち」です。練習を重ねた後の本番は、上手に話そうとするのではなく、ハートで話してくださいね。
カテゴリー: 中国語学習

masumi.h

合同会社日中共同クリエイションズ代表。日本中国語教育者育成協会代表責任者。