今朝も6時半から眠い目をこすって易経を学びました。
今朝は乾坤の文言を読んだのですが、そのなかに

积善之家,必有余庆,
积不善之家,必有余殃。

という一文があり、驚きました。

これは、私が幼いころ、父が繰り返し言っていた言葉でした。
「積善の家には余慶あり、言うてな…」という
今でも、父の言葉が耳に聞こえてくるようです。

父がどうして知ったかしりませんが、
なんと、易経の一説だったのですね。

今日は中国の子供の日、児童節です。
そして、私の誕生日でもあるので、父に聞いてみようと思います。

↓↓
その後、父から返事が来て、
どの曲だったか覚えていないけれど、謡曲の中に
あったのだと思うから、調べておく、とのことでした。

そういえば小さい頃の父は謡曲を習っていて、毎日
(幼い私には唸っているようにしか聞こえなかってけれど)
熱心に練習していたのでした。

日本の伝統芸能の中にも、易経の孔子の言葉が
入っていたのですね。
カテゴリー: 易経の学び

masumi.h

合同会社日中共同クリエイションズ代表。日本中国語教育者育成協会代表責任者。