一日30分の易経の学びも、毎日だと、ちょっとづつでも
進んでいる感があります。

「乾卦」を読み終え、昨日から「坤卦」を読み始め
ましたが、「乾」は「陽」、「坤」は「陰」を表します。

ですので、今日は陰陽とはなにかについて、先ず
お話しします。この感覚は私たち日本人の中にも
ある程度根付いているものだと思います。

自然界はすべて相対的に成り立っていますね。

**********************

「陽」は外へ向かうエネルギー、天、太陽、男、奇数、創造、生
「陰」は内に収縮するエネルギー、地、月、女、偶数、協力、死

**********************

「陰」と「陽」はどちらかに分けることはできません。
月も満月には陽の気を帯びます。

「陰」の中に、「陽」が存在し、「陽」の中に「陰」が存在しています。

*********************

「孤陰不生」  陰だけででは、生じず
「独陽不長」  陽だけでは、成長しない

*********************

女だけでは、命を生み出すことはできませんし、
男だけでは、成長することが出来ません。

身体の部位も陰陽に分けられます。
頭は陽、足は陰です。
なぜなら、頭は一つで、足は二本だからです。
1は奇数で陽、2は偶数で陰です。

掌は陽で手の甲は陰です。
利き手は陽、利き手でないほうは陰です。
親指は陽、残りの4本は陰だそうです。

*********************

すべての事象に陰陽がありますが、掌と手の甲の
どちらかを選べないように、陰と陽は常に一体なのですね。

なにかにつけて「白黒つけたい」日本人と
「グレーゾーン」を常に残す中国人と、
その思考の原点を見る気がしました。
陰陽に限らず、シェアしたいことは沢山
ありますが、また少しづつお話ししましょう。

それでは、今日も素敵な一日をお過ごしください。

カテゴリー: 易経の学び

masumi.h

合同会社日中共同クリエイションズ代表。日本中国語教育者育成協会代表責任者。