中国思想の考えにおいて、人類にはすべての人に
この「自作自受」の法則が適応されていて
自分の行動に100パーセント責任を持たなくては
ならないとしています。

自分が負うべきものを人に押し付けたり、代わりに
背負ってもらうことはできません。

いかなる他者も自分を傷つけることもできないし
いかなる他者も自分を救うこともできません。

すべては、「自作自受」であることを理解する
必要があります。

人間は地球の「客人」にすぎません。
老子はそれを「自賓」と言いました。
私たちは「道」から「地球」にやってきた旅人で
いつかは必ず「道」に帰り、また地球に来るかどうかは
わからないのです。

**********************
台湾師範大学 曾志强教授の講演より

人間は、地球という「主」の家に、遊びに来た「客」に
過ぎないという考えには、ハッとさせられました。

誰も例外なく、大宇宙の法則の下、
地球の大自然に命をもらって生かされているのに
地球を我がもの顔で支配している人間の姿は、まるで
「客」が勝手に「主」の家を荒らしているようにも
見えるな、、、と思いました。

カテゴリー: 易経の学び

masumi.h

合同会社日中共同クリエイションズ代表。日本中国語教育者育成協会代表責任者。