※以下の和訳は、あくまで当社の見解であり、日本中国語検定協会とは一切関係ありません
【1】
上世纪 70 年代,高仓健演的电影在中国上映,掀起了“高仓健热”,他的名字红遍了 中国。
那时,我是北京电影学院的学生,我梦想着能跟他合作拍电影。二十多年后,我终于邀请 到高仓健来中国拍摄了电影《千里走单骑》。
在与高仓健交往中,有几件事情令我难忘。
为了拍电影,我曾几次去他家拜访。每一次去, 无论我去得多早,他都已经在外边儿等 着我了。我的车还没停下来,他就远远地 向我鞠躬,送我走的时候也是这样。
高仓健在日本是顶级的电影明星。我和他在咖啡厅聊天,从旁边经过的日本人, 只要认 出他来,就会站在远处静静地鞠个躬,然后就离开,不打扰他。
拍《千里走单骑》的过程中,高仓健一直站着。我说:“在别人拍戏的时候,您就坐下来休息 吧。”他说:“不,我工作时都是站着的,这样我可以 始终保持一种对工作的敬畏之心。”
我惊讶不已,就让人把凳子全部拿走,我们陪他站着拍完电影。所以,《千里走单骑》是我第一次站 着拍完的一 部电影。
在云南要拍几场监狱的戏,我们和云南监狱商量后,找了几十个年轻犯人来当群众演员。所 以《千里走单骑》里的犯人都是真的。演了几天后,高仓健 才知道他们是真犯人。
拍完戏的那天,他突然提出想跟他们说几句话:“我这一生,从来没有主动要求讲话,今天我想讲几句。 你们来当群众演员,是我们的缘分,你们还很年轻……”
他开始抽泣,讲不下去了,嘴上不 停地说:“感谢你们!感谢你们!”高仓健对人的那种爱,会让你很感动。
从他身上,总能感受到高尚的人格魅力。


1970年代、高倉健の映画は中国で公開され、「高倉健フィーバー」を巻き起こし、その名を全国に知らしめました。
中国 当時、私(张艺谋)は北京電影学院の学生で、彼と一緒に映画を作るのが夢でした。 それから20数年後、ついに私は高倉健を中国に招き、『単騎、千里を走る』を撮ったのでした。 そんな高倉健さんとの交流で記憶に残っていることがいくつかあります。

この映画を作るために、何度か彼の家を訪ねたことがありました。 毎回、どんなに早く行っても、高倉さんはすでに外で私を待ってくれていたのです。 私の車が止まる前に遠くからお辞儀をし、見送るときも同じようにお辞儀をしてくれました。
高倉健は、日本の映画界を代表するトップスターです。 私が彼とカフェで話していると、通りすがりの日本人で彼に気付いた人は、離れた場所から静かにお辞儀をし、邪魔をしないように立ち去っていきました。
映画『単騎、千里を走る』の撮影では、高倉健さんはずっと立っていました。 私が、他の人を撮影している間、座って休んでいてください」と言ったところ、「いや、仕事中私は常に立っているのです。こうすることで、仕事に対する畏敬の念を持ち続けることができるのです」と言いました。私は大変驚いて、スツールを全部下げてもらい、一緒に立って映画を完成させました。 ですから、『単騎、千里を走る』は、私が初めて立った映画となりました。

雲南省の刑務所で数シーン撮影することになり、雲南省の刑務所と相談した結果、若い受刑者数十人にエキストラ出演してもらうことになりました。『単騎、千里を走る』の囚人たちは、みんな本物だったのです。 高倉健が、彼らが本物の囚人であることを知ったのは、数日間演じた後でした。 映画の撮影を終えた日、彼は突然、彼らと話がしたいと言い出しました。「私は今まで一度も自分から積極的に話をさせてもらいたいと言うことはなかったのですが、今日は一言だけ言わせてください。君たちがエキストラになってくれたのは、私たちのご縁です。君たちはまだ若いのですから…」と言ったところで彼は泣き始め、それ以上話を続けることができなくなりましたが、「ありがとう!君たちに感謝している」と言い続けました。 高倉健は、人を感動させるような愛情を持っていました。 彼からはいつも高貴な人柄による魅力を感じられたのでした。

【4】 每次回老家,母亲总要给我包饺子。我感觉自家包的饺子,不仅符合家人的口味,更有一种 家的味道,是在街上的饺子馆都享受xiǎngshòu 不到的。 按理说,街上饺子馆里的饺子,都是厨师们的杰作,⑴肯定比我们老百姓自家做的饺子更讲 究,不然的话,怎么能满足众人的口味呢?
有一次,我和朋友一起去一家很有名气的饺子馆。当冒着热气的饺子端上桌时,朋友夹起一 个饺子就放进了嘴里,紧接着又叹了口气,放下了筷子。我也尝了一个饺子,应该说味道还不错。 朋友摇了摇头说,好吃是好吃,就是没有家的味道。
有一个周末,我妻子请她的几个学生来家里吃饭,问他们想吃什么,同学们都说好久没吃饺 子了。妻子给他们做了一顿猪肉白菜馅儿的饺子。有个同学⒝ 兴奋xīngfèn 地说:“真好吃,太像我妈妈做的饺子了!我都有点儿想家了。”
⑵看来,饺子里那种家的味道就是妈妈的味道,会让远在他乡的人回味无穷。


実家に帰るたびに、いつも母が餃子を作ってくれる。 自家製の餃子は、家族の好みに合うだけでなく、巷の餃子屋さんでは味わえない家庭の味がするような気がする。
街の餃子屋さんの餃子は料理人の仕事だから、家庭で作る餃子より洗練されているはずだ。そうでなければ、どうして多くの人の味覚を満足させることができるだろうか。
ある時、友人と有名な餃子屋に行ったことがあった。湯気の立つ熱々の餃子が出てきたとき、友人は一つ口に入れた後、ため息をついて箸を置いた。 私も一つ食べてみたが、味はかなり美味しいと言うべきだろう、と思った。
友人は首を横に振りながら「うまいのはうまいが、家庭の味じゃないな」と言ったのだった。
ある週末、妻が教え子たちを食事に招き、何が食べたいかと聞くと、皆、久しぶりに餃子を食べたいと言った。そこで妻は、豚肉と白菜の餃子を作ってあげた。 ある学生は、「おいしい!お母さんの餃子みたい!ちょっとホームシックになりそうです」と興奮気味に話していた。
餃子のあの家の味は、他でもないおふくろの味であり、故郷を遠く離れている人には尽きない味わいがあるようだ。
カテゴリー: 中国語検定2級

masumi.h

合同会社日中共同クリエイションズ代表。日本中国語教育者育成協会代表責任者。