【現代に通じる魯迅の言葉】

今回第130回のHimalayaでは、魯迅の言葉を紹介しました。

目の前の社会状況に恐れではなく、希望の方向を選び、歩く人が一人でも多くなると、
「希望の道」がいつの間にかできていくでしょう。
恐れから、独り占めするのではなく、
希望から、分かち合いが生まれると感じる今日この頃です。

xī wàng shì běn wú suǒ wèi yǒu
希 望 是 本 无 所 谓 有 ,
wú suǒ wèi wú de
无 所 谓 无 的 ,
zhè zhèng rú dì shàng de lù
这 正 如 地 上 的 路
qí shí dì shang běn méi yǒu lù,
其实地上本没有路
zǒu de rén duō le,
走的人多了
yě biàn chéng le lù
也便成了路

「おもうに希望とは、もともとあるものともいえぬし、ないともいえない。それは地上の道のようなものである。
もともと地上にみちはない。歩く人が多ければ、それが道になるのだ。」

魯迅「故郷」

写真撮影 藤野彰氏
カテゴリー: 中国歴史・文化

masumi.h

合同会社日中共同クリエイションズ代表。日本中国語教育者育成協会代表責任者。